サイト紹介

あべのハルカス関西の代表的な都市といえば、大阪のミナミ(難波)、キタ(梅田)というのが、ひと昔前までの「模範解答」でした。しかし現在では天王寺、そしておとなりの阿倍野のエリアを挙げる人も多いようです。

日本一の駅ビル「あべのハルカス」の完成は、2014年の大きなニュースのひとつになりましたし、ぐるりを見渡せば壮大な都市の風景を一望できるハルカスのガラス張りの展望台も、行列が出来るほどの賑わいを見せています。ハルカスからあびこ筋をまたいで天王寺駅に行けるペデストリアンデッキ(巨大歩道橋)も2013年にリニューアル。その他、あべのキューズモールの開業などもあって、このエリアは大いに注目されているのです。

ここでは、そんな天王寺・阿倍野エリアの情報についてお届けします。「人の集まるところに娯楽あり」ということで、特にエンターテインメント関係の情報をピックアップ。とりわけ男性陣には大喜びしていただけるであろう、風俗関係の情報がメインとなります。

昼のショッピング、昼のエンターテインメントについては、ハルカスやキューズモールという存在がすでにあります。ここでは、なかなかしっかり知ることが出来ない天王寺・阿倍野エリアの「夜のエンターテインメント」についての情報を、提供していきます。「夜の繁華街」として、ミナミ、キタといった地域に一歩遅れているようなイメージを持つ人がどうしても多くなってしまいがちな天王寺・阿倍野エリア。

ですが、かつては関西一モダンな街と言われた新世界エリアも近く、飛田新地という大正、昭和初期の情緒を今に残す「料亭街」も存在しているということで、実は天王寺・阿倍野も大いに「夜の街」として語る価値のあるエリアなのです。

天王寺エリア情報

特急くろしおかつて、戦後生まれで初の芥川賞作家となった和歌山県出身の小説家・中上健次は、天王寺について「すべてを兼ねる街である」と書きました。JR天王寺駅は、そこから大阪市内であればどこでも足を伸ばせるターミナル駅であるだけでなく、和歌山市や、中上の生家がある新宮市などを結ぶ阪和線が通っている駅もあります。

現在でも鉄道を利用して和歌山に行く際には、阪和線の特急電車「くろしお」などを利用することになります。和歌山市までは1時間20分、新宮市へは4時間というちょっぴり長い旅です。
しかし、今ほどマイカーが普及しておらず、鉄道がよく利用される交通機関であった時代には、天王寺は和歌山の人にとってはまさしく、中上が書いたように都会と地元を結ぶ玄関であり、出口であり……さまざまな意味を持った街だったのでしょう。

そんな天王寺は、今、2000年代に入って本格的に進められた再開発によって、駅周辺、阿倍野を含むエリアが特に発展している地域です。ショッピングモールや映画館、ファッションショップやカフェ、深夜から早朝まで営業する居酒屋……などが揃い、朝から夜まで多くの人で賑わっています。

天王寺駅の周辺には、緑ゆたかな天王寺公園、休日にはカップルや家族連れで賑わう天王寺動物園があり、四天王寺や一心寺といった立派なお寺もあります。自然と伝統、繁華街が混ざり合っているエリアでもあるのです。
特に四天王寺というお寺は、聖徳太子が建てた日本最古の仏教寺院であるとされています。天王寺は、歴史好きの人から見ても注目するべきエリアのひとつだと言えるでしょう。たとえば、現在は風俗街・ホテル街となっている茶臼山町は、その昔、天下統一を狙う徳川家康と大阪城に籠もった豊臣家が、二度にわたって決戦をくり広げた「大坂の陣」の激戦地でした。最後の戦いとなった「夏の陣」では、真田幸村が茶臼山を本拠地とし、ここから徳川家康の本陣へ突撃、あと一歩のところまで迫る大活躍をしたと言われています。

本格的に江戸時代がスタートする前の、戦国時代の最後のスペクタクルの現場です。現在は、ラブホテルで男女の「夜のスペクタクル」がくり広げられているわけですが……。
また、昔ながらのナニワの雰囲気を持つ浪速区の「新世界」からも近く、長らく大阪のシンボルのひとつであった通天閣も、天王寺エリアからは見えます。
旧き良き大阪の風景と、最先端の都市の姿を同時に見ることが出来る街……それが、天王寺なのです。

天王寺風俗の特徴

飛田新地店舗型のファッションヘルスや、自宅に呼べるデリバリーヘルス、ラブホテルでプレイできるホテルヘルス、同じくラブホテルを使う出張マッサージ、オナクラなど一通りの風俗ジャンルを、天王寺・阿倍野エリアは網羅しています。
特に、ラブホ街としても知られている天王寺区茶臼山町はホテヘルや「待ち合わせ型」のヘルスが多い地域です。天王寺動物園や大阪市立美術館のある地域ですが、この界隈を歩いているとセクシーな雰囲気をまとった女性とすれ違うことがあります。

ちなみに、天王寺エリアは、女子大生系の素人女性をキャスティングしているお店から人妻女性のいるお店まで、色んなジャンルの女性を揃えているエリアでもあります。素人感のある女の子とホテルデートをしているような気分を味わったり、色気たっぷりの奥さまと不倫気分を味わったり、いろんな楽しみがあります。

ところで、そんな天王寺エリアですが、他の地域にはない風俗店のあるスポットとしても知られています。飛田新地です。飛田新地は、まるで100年ほど昔にタイムスリップしたかのような気分を味わうことも出来る、「最後の色街」とも呼ばれるスポットです(この街をルポした『さいごの色街 飛田』という本も出ています)。路地が入り組んで出来ている飛田新地は、左右に「料亭」が並ぶ料亭街。夜ともなれば街灯がともり、つかの間の快楽を求めて男性たちが行き交い、呼びこみのオバサンの声がひそやかに響く街。女性を店頭でじかに見て選び、そのままお店の中でサービスを受けるというスタイルの風俗ですが、この伝統的な「遊郭スタイル」が残っているのは全国にも数ヶ所しかなく、中でも飛田新地は規模的にも質的にも最大とされています。

定番の風俗ジャンルから、伝統的なスタイルのお店まで揃っているのが、天王寺風俗の特徴です。

Raletti

Raletti

国内では阿倍野でしか食べることのできないイタリアンドルチェがあっただなんてご存知でしたか?“イタリアンドルチェ・・・(続きを読む)

遠東 阿倍野店

遠東 阿倍野店

天王寺駅周辺で、タイ料理・ベトナム料理を食べたいなら、オススメは“遠東(ファーイースト)阿倍野店”です。 キュ・・・(続きを読む)

Bistro Panda

Bistro Panda

“Bistro Panda(ビストロ パンダ)”。 こんな名前のお店を見つけてしまったら興味を持っちゃうこと間・・・(続きを読む)

うさぎとぼく

うさぎとぼく

朝早くから開いているカフェも増えたので、天王寺周辺でモーニングをいただく方も多いかもしれませんね。安定のカフェ・・・(続きを読む)

虹の仏

虹の仏

天王寺区でも本格的なインドカレーをいただけるカフェがあります。 最寄り駅は地下鉄谷町線四天王寺夕陽丘駅になりま・・・(続きを読む)

仁音

仁音

天王寺周辺にも、料理屋さんやカフェがたくさんできて、どんどんオシャレで充実した街になってきていますよね。たくさ・・・(続きを読む)

鯛よし百番

鯛よし百番

飛田新地で“遊郭”の雰囲気を味わいたいなら、“鯛よし百番”へ行ってみてはどうでしょう? 飛田新地は正確には西成・・・(続きを読む)

MARUFUJI

MARUFUJI

JR天王寺駅北口から出て線路沿いの路地を歩いていくと…隠れ家カフェ“MARUFUJI”があります。 MARUF・・・(続きを読む)